おすすめの定額制素材サイト 詳しくはこちら

音量のフェードイン・フェードアウト方法【Adobe Premiere Pro 】

  • URLをコピーしました!

映像のフェードイン・フェードアウトは、動画編集の基本ですが、BGMや音声などの音量にも必要になってきます。

映像は徐々に映し出されているのに、いきなり音量が大きかったら視聴者をびっくりさせてしまいます。
動画の終わりも、徐々に音量を小さくしていくのが基本です。

このページでは、Premiere Proで音量のフェードイン・フェードアウトさせる簡単な方法を説明していきます。

音量をフェードイン・フェードアウトする方法

STEP
ワークスペースメニューのエフェクトをクリックする

ワークスペースを切り替えると、右側に【エフェクト】一覧が出現します。

STEP
エフェクト→オーディオトランジション→クロスフェードを選択
STEP
クロスフェードの種類を選択

コンスタントゲイン】【コンスタントパワー】【指数フェード】の3種類のエフェクトがあります。

私のざっくりした印象ですが、

コンスタントゲインそこそこ急に音量変化
コンスタントパワー適度に音量変化
指数フェード滑らかに音量変化

音に慣れている方でないと、差がわかりづらいと思います。
私の印象では【コンスタントパワー】がおすすめです。

STEP
オーディオクリップの両端にドロップ

エフェクトを選択したら、【オーディオクリップ】の両端に【ドロップ】します。

STEP
エフェクトの長さを調整

ドロップしたエフェクトの時間の長さを調整します。
エフェクトのクリップの端を【クリック】しながら横に動かすと、長さを変えられます。

実際の音声、音量を確認しながら調整して完成です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!