おすすめの定額制素材サイト 詳しくはこちら

動画と画像のサイズを変更する方法【Icecream Video Editor】

  • URLをコピーしました!

動画や画像にも画面のサイズがあります。
16:9や4:3などのサイズの比率は、テレビで聞いたこともあると思います。
しかし、これらのサイズの意味は何なのでしょうか?
よく分かっていない人も多いと思います。
今回は、動画、画像のサイズについて説明します。

選べるサイズの種類

Icecream Video Editorでは、すでに撮影された動画、写真のサイズを変更することができます。
選べるサイズは、

  • 16:9(Landscape)
  • 4:3(Landscape)
  • 9:16(Portrait)
  • 3:4(Portrait)
  • 1:1(Instagram)

の5つです。
横の長さ:縦の長さの比率を表しています。

カッコの中の【Landscape】には、「横長」と「景色」の2つの意味があり、【Portrait】にも「縦長」と「肖像」の意味があります。
単なる比率の見た目と、適した撮影相手を表しているのです。
また、インスタグラムの投稿に適した、1:1の比率にも対応しているのも嬉しいところです。

サイズ変更の仕方

作品のサイズ変更は簡単に行うことができます。
画面右上の16:9(Landscape)をクリックします。

すると、上記した16:9(Landscape)4:3(Landscape)9:16(Portrait)3:4(Portrait)1:1(Instagram)が選べるようになります。

選べば、編集している動画、画像のサイズが自動で変更されるのです。

主なメディアの規格

自分で編集した動画、画像をSNSなどに投稿する場合、気を付けなければならないことがあります。
各ソーシャルメディアで推奨されている画像サイズが違うということです。
ただし画像サイズが違うからといって、投稿できないということではありません。
投稿した画像の上下や左右が切られてしまうなど、自分の意図していない表示になる恐れがあるということです。
そのような事態を避けるために、各ソーシャルメディアにあった編集をしておくことが大切なのです。

Instagram

最近では、縦長、横長に対応していますが、従来の1:1の正方形が推奨されているようです。

Twitter

スマートフォンでの投稿は16:9が推奨されています。
しかし、パソコンでの投稿は2:1なので注意が必要です。

YouTube

YouTubeでは公式に横1280×縦720のサイズが推奨されています。
すなわち、16:9の比率になります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!